病院まわりを歩いてみよう

前回の点滴時に投書した「利用者の声」を、主治医の先生や看護師さんたちが読んでくださったそうです。

「利用者の声」

「批判が多いけど、あんなふうに書いてもらえると嬉しい」と言われ、私も嬉しくなりました。

この日はゴールデンウィークの休日に挟まれた月曜日。天気が良く、夏の暑さです。点滴が終わった後、つつじの香りにひかれて駐車場入口まで行ってみると、小さな看板を発見!

「起点から400m(1周855m)」と書かれています。矢印➡があると、行ってみたくなりますよね!?行ってみましょう。

 

白いハナミズキ。青空に映えます。

 

矢印に沿って病院の敷地まわりを歩いていると、生け垣の向こうに花が見え隠れしています。入り口を探していってみると・・・。

手入れされた洋風ガーデンがありました。色とりどりの花が咲いています。

 

 

いい場所を見つけました♪

 

私がファブリー病と診断されたのは2009年。最初は専門外来のある病院で治療を受けていましたが、遠方への通院が負担になり、近くの総合病院を紹介してもらい転院しました。今、この病院でファブリー病患者は私一人。酵素補充療法を受ける初めての患者です。

病院が近くにあると、安心できます。病院探し・病院選びは色々と悩んだけれど、私の場合、「案ずるより産むが易し」かもしれません。

by.くろ(2017.05.01)

1件のコメント

  1. 素敵なガーデン♪
    モッコウバラも藤も綺麗ですね。
    時間の空いた時にこんな場所があると癒されますね(*^^*)

    Reply
    • > りょうちゃん
      ヒバリのさえずりも聞こえて、癒し空間でした。
      通院が楽しみになりそうです♪

      Reply

コメントを残す