無職と点滴。

3/14、火曜日。点滴の日。

治験もあと少しで一年が経過。
あっという間だった気がする。

始める時は治験のスケジュールに合わせて休みが取れるかすごく不安だったけど
昨年は大半を無職で過ごしたことが幸いしてなんとかやってこれた。
無職も悪くないねなんて思いながら
点滴の針を1回失敗。これは慣れても痛い。

そうこうしてると母も輸液ポンプを引っ張ってやって来た。一回で針が刺せたようだ。
そういえば今日は叔母も治療日だったようで、処置室の看護婦さんが混乱している。

小児科外来は今日も慌ただしい。

治験後は確定申告のために市が用意した申告会場に行かなければならない。
そう、昨年の年末は無職だったので年末調整していないのである。
無職になっても、年金、市民税、健康保険などなどお金は出て行く一方。
今まで考えたことなかったよ。

点滴の日は普段できない用事もついでにするので
結局のんびりできないことが多い。
今日もきっとそうなるんだろうなー。

さて、あと少しであと押しだ。
がんばろっと。

(点滴の時の気持ちを思い起こして書きました。このあと確定申告会場では2時間待つ羽目に。いやぁ疲れました( ´ ・ω・`) )

無職と点滴。」 に1件のコメント

コメントをどうぞ。

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。